国際理解教育研究センターの活動 *センターの活動の一部を紹介しています。

日程        【学外に向けた活動 日程 【学内に向けた活動】
3月   
323

325
センター開所式を行いました。

「教員研修プログラム」を策定しました。

413

4月22


4月25

仙台市内小学校に国際理解教育センターのパンフレットを配布しました。


仙台国際交流協会「国際理解プログラム」名義後援依頼がありました。

塩釜第二小学校にALT2名を派遣しました。
45

「日本語プログラム(前期)」を策定しました

5 9

5月12

センターの仮設HPを立ち上げました

全国国際教育研究大会シンポジウム主催の依頼がありました。






61


6月6

6月11



6月16



6月30


立町小から韓国人児童への支援依頼(ボランティア派遣・カリキュラム提示依頼)がありました。

蒲町小と国際理解教育の実践を行いました。(61320日連続3回)

センター講座「外国人児童生徒の教育を考える」@を開催しました。

宮城県国際交流協会「外国人児童生徒支援ネットワーク事業」検討委員会が開始しました。

宮城県国際交流協会「クラスルーム」へ原稿を寄稿しました。

68


8月28

「短期研修留学生プログラム」を策定しました。

帰国留学生報告会告会(韓国)を行いました。

71


77

7月13
宮城県教育研修センター「外国人児童生徒等指導者研修会」で講演を行いました。

立町小から国際理解教育支援の依頼がありました。

立町小から中国人児童生徒支援依頼(相談・学校文書翻訳)がありました。

76


77


帰国留学生報告会(イタリア)を行いました。

デラウエア大学からの研修生を受入れました

センター運営員会を開催しました。
非常勤職員が着任しました

8
10.11日

823

センター講座「小学校での英語活動に向けて」を開催しました。

「全国国際教育研究大会宮城大会」のシンポジウムを主催しました。




91
9月8日












9月20日










立町小学校(1年生)で国際理解教育活動を行いました。
(同月8日、連続2回/参加者の国籍:中国)


(授業風景)

黒松小学校(2年生)で国際理解教育活動を行いました。
(参加者の国籍:中国・韓国・オーストラリア)
     
(授業風景)