国際理解教育研究センター


2011年度 講座・研究発表などの開催予定 



12.17 「アート・イン・クルージョン クリスマスプロジェクト 2011」開催
12.6 「外国人児童生徒のためのリライト教材 講演会」開催
9.23 「 宮城教育大学舞踊発表会〜地域の伝統文化と教育〜」開催
9.10  第4回未来づくりESDセミナー「震災復興と学校・地域の未来づくり」 開催
8.2   「海外総合演習 ガイダンス」 開催
8.1   「ESD海外インターンシップ研修 説明会」 開催
5.9   「オーストラリア小学校英語教育研修」 参加者募集




 12月16〜17日開催



   『 アート・イン・クルージョン クリスマスプロジェクト2011 』 開催




   クリスマスの時期にアートを楽しむプロジェクトを長町の仮設住宅で開催いたします。
  仮設住宅内の広場で作品の発表やワークショップを行い、仮設住宅の壁にはペイントや
  トルコの子どもたちからの絵はがきも展示します。
  さらに、サンタダンスやキャンドル作り、巨大カステラ作りなど様々なイベントも行います。
   みなさまお誘いあわせのうえ、ぜひ足をお運びください。

            

        ◆1216日(金)15:00-16:30 カフェトーク

           場所:レストラン遊楽庵びすた〜り 仙台市太白区長町3-7-1
                 (JR長町駅、地下鉄南北線長町駅から徒歩)

            入場料:1000円(コーヒー、ケーキ付き)学生700
            参加パネラー:森司(東京アートポイント計画 ディレクター)
                      水戸雅彦(仙南芸術文化センター・えずこホール所長)
                      八巻寿文(せんだい演劇工房10BOX二代目工房長)
                      天野美紀(仙台市宮城野区役所)
                      高田彩(ビルドフルーガス代表)
                      村上タカシ(宮城教育大学・MMIX Lab代表)


        ◆1217日(土) 11:00-15:00 ワークショップ・展示

               ★トルコの子どもたちからの絵はがき展示

           場所:あすと長町仮設住宅(仙台市太白区あすと長町3丁目)

                        入場料:無料


           

  主催:アートインクルージョン実行委員会、えずこ芸術のまち創造実行委員会、
     東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)
     共催:仙南芸術文化センターえずこホール、一般社団法人MMIX Lab
  助成:ARTS NPO AID、東日本大震災復興支援財団「子どもサポート基金」
  協力:特定非営利活動法人ほっぷの森、
     国立大学法人宮城教育大学 村上タカシ研究室・里見まり子研究室
     附属国際理解教育研究センター

※本事業はArt Support Tohoku-Tokyo(東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業)です。



       「アート・インクルージョン クリスマスプロジェクト2011 
                 http://art-in.org


         
    ←チラシはこちら(PDF)





 12月6日開催



     『 外国人児童生徒のためのリライト教材 講演会 』 開催




     「リライト教材」とは教科書の本文を子どもの日本語力に対応させて書き換えた教材のことです。
     みなさんが先生になったころには、外国人の子どもたちも教室にいるかもしれません。
     そんなとき、教科書をリライトするポイントを知っていれば、きっと役に立つと思います。
       

              
興味のある方はぜひお話を聞きにいてください。


                
講師: 田所 希衣子先生
           (外国人の子ども・サポートの会)



                 ≪ 講演会 日時 ≫

           日 時 : 12月6日(火) 16:20〜17:50

          場 所 :  図書館1階 多目的閲覧室


            
                   ←チラシはこちら(PDF)




 9月23日開催 


      
 『 宮城教育大学舞踊発表会
     
     〜地域の伝統文化と教育〜 』 開催

 


  民俗芸能・舞踊は、人々の暮らしと伝統に根ざし、祭りや行事と共に継承されてきた、
  大変重要なものです。伝統芸能・舞踊を教育に取り入れている学校が集まって、実践内容と
  成果発表会を開催いたします。
   この活動を通して東日本大震災からの復興を祈願するとともに、持続発展教育(ESD)の理念と、
  ユネスコの世界遺産の理念を、地域において推進します。
  どなたでもご来場いだだけます。ぜひお越しください!


         【日時】 平成23年9月23日(金)秋分の日
              開場13:00 開演13:30 終演16:30(予定)

         【場所】 塩竃市壱番館 遊ホール
               宮城県塩竃市本町1番1

         【入場料】 無料!
         
  
               出演校・団体    

              <特別出演>
           ◇岩手県 早池峰岳神楽保存会
          (ユネスコ世界無形文化遺産)


          ◇仙台市立根白石小学校 アセ踊り
          ◇宮城教育大学 さんさ踊り
          ◇気仙沼市 廿一田植踊保存会

          ◇栗原市立富野小学校 鶏舞
          ◇石巻市立東浜小学校 獅子風流
             ◇尚絅学院大学 西馬音内盆踊り


                    ←チラシはこちら(PDF)




  9月10日開催



              第4回 未来づくりESDセミナー

     
『震災復興と学校・地域の未来づくり』  開催


 
 

   3.11東日本大震災によって、自然災害の克服という世界規模の「課題」に直面したわたしたち。
  今後どのように考えて、どう行動すべきなのでしょうか?
  インドネシア・アチェ州や、中国・四川省と連携しながら、それぞれの思い、被災地における
  教育・心のケア活動などの現状・方法・実践事例を共有し、今後のアクションにつなげます

        

                 ≪ セミナー 日時 ≫

           日 時 : 9月10日(土)
               13:00〜17:00 (12:30受付開始)

          場 所 :  宮城教育大学管理棟
                大会議室/中会議室


                    ※入場無料

            教育関係者をはじめ、一般市民、学生の参加をお待ちしております。
            会場の席には限りがありますので、お早めにお越しください。



                    ←チラシはこちら(PDF)




 8月2日開催


         『 海外総合演習 ガイダンス 』 開催



   全課程共通科目「海外総合演習」は、毎年オーストラリアの姉妹校、セントラル・クイーンズランド大学で、
   2週間の学校教育体験、ホームステイ、英語学習、フィールドワークを行っています。
   この科目の説明会を下記の要領で行います。



                 ≪ ガイダンス 日時 ≫

           日 時 : 8月2日(火) 12:15〜12:45

          場 所 :  5号館3階 国際理解教育演習室


            
                 ←チラシはこちら(PDF)






 8月1日開催


         『 ESD海外インターンシップ研修 説明会 』 開催



   国際理解教育研究センターでは、来年冬オーストラリアの小学校でのインターンシップ研修を
  実施する予定です。この研修は毎年好評を得ており、今年で4度目の開催となります。
  現地の小学校で日本語授業のお手伝いをしてみませんか?興味のある人はぜひ説明会に来て下さい!

   【期  間】  平成24年2月20日から3月15日約週間 (予定)

  【場  所】  オーストラリア シドニー他                 

                 ≪ 説明会日時 ≫

           日 時 : 8月1日(月) 12:15〜12:45

          場 所 :  5号館3階 国際理解教育演習室


            ☆昼食を取りながらでもOKです。お気軽にどうぞ☆

             ←チラシはこちら(PDF)






8月7日〜8月20日実施予定
募集は締め切らせていただきました。
多数のご応募ありがとうございました。




  宮城教育大学と オーストラリア・セントラル・クィーンズランド大学共催

       『 小学校英語教育研修 参加者募集 』


宮城教育大学附属国際理解教育研究センターは、平成20年度から姉妹校の
オーストラリア・セントラル・ クイーンズランド大学(
CQ大学)と共催で
「小学校英語教育研修」プログラムを実施しています。
本年も、宮城県・仙台市内の教員を対象に参加者を募集します。

本年度は震災の影響のため、派遣期間と規模を縮小して開催する予定です。
派遣期間と募集人数を縮小して催行の予定です。
 
みなさまのご応募をお待ちしております!


 【期  間】  平成23年8月7日(日)から8月21日(日)約2週間 (予定)

 【場  所】  セントラル・クィーンズランド大学(CQ大学)
        (オーストラリア・クィーンズランド州 ロックハンプトン http://www.cqu.edu.au/)   

 【研修の内容及び目的】
   1.大学ランゲージセンターで学び英語でのコミュニケーションに自信をつける
   2.大学において外国語習得や外国語指導に関する基礎的な理論を学ぶ
   3.オーストラリアの学校を訪問し、現地の教育(外国語教育を含む)についての理解を深める
   4.ホームステイやフィールドトリップを通してオーストラリアの社会や文化に親しむ     

 【滞  在】  オーストラリア人家庭へのホームステイ

 【費  用】  渡航費15万程度(自費)・研修費15万程度(大学補助)

 【対  象】  小学校で英語教育・国際理解教育に携わる教員の方

 【募集人数】 8名(希望者多数の場合は抽選になります)

 【随  行】  宮城教育大学附属国際理解教育研究センター教員

 【申込み】  内容についてのご質問や、お申込みをご希望の方は、531日(火)6月10日(金)までに、
         センターにお問い合わせください。研修申込みフォームをお送りします。

  ←チラシはこちら  ←昨年の滞在スケジュールはこちら

ページトップ▲
お問い合わせ〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉149番地
国立大学法人 宮城教育大学 国際理解教育研究センター
センター長室/事務室 TEL/FAX:022-214-3382
E-Mail: RCIUE◇staff.miyakyo-u.ac.jp 
※◇を@にかえて送信してください。