国際理解教育研究センター

トップページ

平成24年度 講座・研究発表などの開催予定 



2012.12.11 「シンガポールの多様性社会と教育」セミナー開催
2012.12. 8 「日本語学習支援ネットワーク会議2012 in 仙台」開催
2012.11.30 「2012年 第1回ユネスコスクール東北大会/第2回ユネスコスクール宮城県大会」開催
2012.11.13 第153回センターセミナー「外国人児童生徒のためのリライト教材講演会」開催
          ※第148〜152回 毎週月土開催「TOEFL講座」
2012.9.15 「第3回宮城教育大学舞踊発表会〜地域の伝統文化と教育〜」開催
2012.7.29 第147回センターセミナー「国際理解教育“まるかじり”」開催
          ※第138〜146回 毎週木曜開催「韓国語ネイティブ学習会」毎週月土開催「TOEFL講座」
2012.7.10 第137回センターセミナー「ESD海外インターンシップ研修報告・説明会」開催
          ※第136 毎週月土開催「TOEFL講座」
2012.7.8   第135回センターセミナー(後援)「日本語を母語としない子どもと親のための進路ガイダンス」開催
        ※第132〜134回 毎週木曜開催「韓国語ネイティブ学習会」
2012.6.22 第131回センターセミナー「オーストラリア留学の魅力」開催  ※今回より名称変更
2012.5.17 「韓国語ネイティブサポート説明会」開催
2012.5.11 「第1回TOEFL対策講座」開催
2012.5.1   「絆 メッセージ・フロム・ザ・ワールド」展示会開催
2012.4.26  「オーストラリア夏期研修」派遣学生 募集終了
2012.4.24  「オーストラリア小学校英語教育研修」 参加者募集終了
2012.5.12 「311から1年後の教育復興支援と国際連携をテーマとする2つのフォーラム」同時開催
2012.3.21 「みんなひとつプロジェクト」ユネスコスクール連帯と防災、参加
募集


 12月11日開催



              平成24年度 ESD・地域遺産教育セミナー
                 
        
「シンガポールの多様性社会と教育」開催


    本学特別経費(国際理解教育研究センター)、ESD・地域遺産教育に関わる事業の一環として、
     PISA調査上位のシンガポールの国立南洋工科大学のジャスミン先生を招聘し、国際理解セミナー
     を開催いたします。
      ジャスミン先生は、教師教育センターに所属し、シティズンシップ教育、社会科教育、カリキュラム理論、
     教師教育などをご専門とされております。ジャスミン先生による「シンガポールの多文化社会と教育の
     ご講演から、ESD・地域遺産教育に限らず、広く多分野にわたって学びが得られると考え、本セミナーを
     企画いたしました。本学の社会科教育講座の科研費事業もジョイントしております。

     1.開催日時    平成241211() 16:2017:50

     2.開催場所    宮城教育大学2号館3階 230番教室

       3.対  象     大学生、大学教員、一般学校教育関係者
     

       4.参 加 費     無料

       5.主  催      国際理解教育研究センター

    
                      ↓チラシはこちら(PDF)
                    


 12月8日開催



       ポスト3.11の沿岸被災地の日本語教室の新たな動きとこれからの協働
                 

    
「日本語学習支援ネットワーク会議 2012 in 仙台」開催



    宮城県内の沿海被災地域にある日本語教室では、3.11以後再出発を始めたところが多くあります。
     それらの教室では地元支援者に加えて、外部の支援者が参加したりするなど、新たな取組みが
     始まっています。そこでこの会議では、日本語教室の支援者と学習者を招いて、地域の日本人と
     外国籍配偶者、それぞれの立場からの思いを伝えあい、今後の協働について考えます。

     1.開催日時    平成2412() 10:0016:30

     2.開催場所    東京エレクトローンホール宮城 601会議室
                 (仙台市青葉区国分町3-3-7
      3.プログラム 

       <午 前>10:0012:00
       ◇パネルセッション:ポスト3.11の沿岸被災地の日本語教室、これからの役割、つながりについて
       ・村上伸子さん(気仙沼市震災復興・まちづくり推進課)
       ・清水孝夫さん・杉山美恵さん(石巻市/国際サークル友好21)
       ・佐藤金枝さん(南三陸町国際交流協会)
       <午後1>13:0013:50
       ◇文化庁からの報告:「生活者としての外国人」のための日本語教育事業 について
        <午後2>14:0016:20
       ◇ラウンドテーブル:宮城県各地域の日本語教室の支援者・学習者とともに語りましょう

      4.参加費    無料

      5.主 催    日本語学習支援ネットワーク会議 2012 in 仙台 実行委員会

      6.共 催    岩手大学国際交流センター (公財)宮城県国際化協会
                 宮城教育大学附属国際理解教育研究センター (財)仙台国際交流協会

      7.後 援    宮城県教育委員会、仙台市教育委員会(予定)

      8.参加申込先

       <申込書に必要事項を記入し、下記あてにFAXまたはメールにてお申し込みください>
       申込み・問合せ先:公益財団法人宮城県国際化協会(MIA)大泉貴広
       981-0914 仙台市青葉区堤通雨宮町4-17 宮城県仙台合同庁舎7
         TEL: 022-275-3796 FAX: 022-272-5063 MAIL: mail@mia-miyagi.jp


                    ↓チラシと申込書はこちら(PDF)
           




 11月30日開催


                 
    
「2012年 第1回ユネスコスクール東北大会
       
    第2回ユネスコスクール宮城県大会」開催



      ユネスコスクールは、地球規模の諸問題に若者が対処できるような新しい教育内容や手法の開発、
    発展を目指す学校とされています。宮城県は、全国で加盟校数が最も多い、ユネスコスクールの先進地域です。
     このたび、ESD実践の最新の動向やユネスコスクールの理念について再確認し、加盟校間のネットワークを
    強化するとともに、東北地方でユネスコスクールへの加盟校の少ない地域でのユネスコスクール活動の浸透を
    はかる目的で以下の日程で会議を開催することになりました。
    ユネスコスクールの教育に関心をお持ちのみなさまの、積極的なご参加をお待ちしております。

   

     1.開催日時    平成241130() 10:3016:30

     2.開催場所    仙台福祉プラザ (大ホール、第2研修室、第3研修室、ほか)
                 〒980-0022 仙台市青葉区五橋2丁目12-2 電話:022-213-6237
      3.プログラム 

10:2010:30

10:3012:30

開会の挨拶

@文部科学省「ユネスコスクールの現状について」
AESDと防災教育
B南吉成中学校の生徒さんの実践発表
CRICEプロジェクトの紹介(宮城教育大学)
D他地域の取組紹介(大阪・金沢)など(予定)

12:3013:30

昼食:ASPESD関連団体のポスターセッション

13:3015:30

大ホール

2研修室

3研修室

分科会1

幼稚園・小学校の部

実践事例発表

分科会2

中学校の部

実践事例発表

分科会3

高等学校の部

実践事例発表

15:4016:20

16:2016:30

パネルディスカッション「ユネスコスクールの教育の特徴と魅力(仮)」

閉会の挨拶

       *17:30分より、会場近くにて懇親会を予定しています。

      4.主催     文部科学省、宮城教育大学、ASPUnivNetなど

      5後援    東北大学大学院環境科学研究科、宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、
               気仙沼市教育委員会、
大崎市教育委員会、栗原市教育委員会など

      6.参加申込先

       宮城教育大学 研究・連携推進課 研究協力係 渡邊 博史
       TEL:022-214-3856 FAX:022-214-3342
       mail: watahiro@staff.miyakyo-u.ac.jp(個人)/kenkyo@adm.miyakyo-u.ac.jp(係共通)


                    ↓チラシと申込書はこちら(PDF)
           


            ↓宿泊プランのご紹介(PDF)    ↓宿泊申込書はこちら(Excel)

            



 11月13日開催

                第153回 国際理解教育研究センターセミナー
                       


    
「外国人児童生徒のためのリライト教材講演会」開催



       「リライト教材」とは教科書の本文を子どもの日本語力に対応させて書き換えた教材のことです。
      みなさんが先生になったころには、外国人の子どもたちも教室にいるかもしれません。
      そんなとき、教科書をリライトするポイントを知っていれば、きっと役に立つと思います。
      ぜひお話を聞きにきてください!


         講師: 田所 希衣子 先生
         
(外国人の子ども・サポートの会)

        [日時    平成241113() 16:2017:50

        [場所]    付属図書館1階 多目的閲覧室
                
    

                    ↓チラシはこちら(PDF)
                




9月15日開催


                 
     
   「第3回 宮城教育大学舞踊発表会
        
   〜地域の伝統文化と教育〜 」開催



      民俗芸能・舞踊は、人々の暮らしと伝統に根ざし、祭りや行事と共に継承されてきた大変重要なものです。
     伝統芸能・舞踊を教育に取り入れている学校が集まって、実践内容と成果発表会を開催いたします。
      この活動を通して東日本大震災からの復興を祈願するとともに、持続発展教育(ESD)の理念と、
      ユネスコの世界遺産の理念を、地域において推進します。
       
                どなたでもご来場いだだけます。ぜひお越しください!


            [日 時] 平成24年9月15日(土)
              
                   開場13:00 開演13:30 終演16:00(予定)

            [場 所] 若林区文化センター ホール (仙台市若林区南小泉1丁目1番1号)

            [入場料
] 無料
         
                  出演校・団体 

             ◇沖縄県恩納村立安富祖小中学校「琉球舞踊」
             ◇相馬市立磯部小学校「こきりこ」 
             ◇石巻市立東浜小学校「獅子風流」

             ◇仙台市立鶴巻小学校「かんちょろりん節」
             ◇聖和学園短期大学「秋田音頭」
                     ◇尚絅学院大学「西馬音内盆踊り」
             ◇宮城教育大学・雅座「さんさ踊り」



                       ↓チラシはこちら(PDF)
                   




7月29日開催


                 第147回 国際理解教育研究センターセミナー

     
     せんだい地球フェスタ内で開催
          「国際理解教育“まるかじり”」



        ここに来れば「国際理解教育」の全てがわかります!参加無料!予約不要です。
            国際理解教育に興味のある方はこの機会にぜひご参加ください。

              [日時] 2012年7月29日(日)11:00〜16:00
              [場所] 仙台国際センター1階 小会議室1

                 [内容] 国際理解教育の教材展示!なんでも相談コーナー
                       JICA東北教師海外研修報告、Cafeぐろーかる、
                       二華中生と留学生トーク


                   ◎こんな先生におすすめです!
                ・国際理解教育を始めたい。どんな授業をすればいいの?
                ・留学生や青年海外協力隊員を講師に呼びたい。
                ・国際協力の話を聞きたい。
                ・生徒・先生が海外研修に行くためには?
                ・100人村や貿易ゲームでのワークショップって依頼できるの?



                 企画:宮城国際理解教育推進連絡会議


                       ↓ポスターはこちら(PDF)
                   


 7月10日、19日開催

                  第137回 国際理解教育研究センターセミナー

    
「ESD海外インターンシップ研修 報告・説明会 」開催



         国際理解教育研究センターでは、来年冬オーストラリアの小学校でのインターンシップ
       研修を実施する予定です。この研修は毎年好評を得ており、今年で5度目の開催となります。
       現地の小学校で日本語授業のお手伝いをしてみませんか?

        今年の2月に参加した先輩のお話も聞けます!興味のある方はぜひ説明会に来て下さい!

                [期  間]  平成25年2月21日から3月15日約週間 (予定)

                [場  所]  オーストラリア シドニー他

                         ≪説明会日時≫

               [第1回] 7月10日(火)12:15〜12:45
               [第2回] 7月19日(木)12:15〜12:45
          
               場所 : 5号館3階 国際理解教育演習室


                           ↓ポスターはこちら(PDF)
                





7月8日開催


               第135回 国際理解教育研究センターセミナー(後援)

     
  日本語を母語としない子どもと親のための
         「進路ガイダンス 2012 宮城」開催

 

          日本語を母語としない親子のために、ガイダンス(説明会と相談会)をします。
                      「日本の高校ってどんなところ?」
                       「入学するにはどうすればいいの?」
                      「県立高校、私立高校ってどう違うの?」
                       「お金(費用)はどのくらいかかるの?」

            そんな質問に、高校に進んだ先輩や、学校の先生たちがお答えします。
            お父さん、お母さんも、どうぞいっしょにいらしてください。

               ☆下記ウェブサイトには中国語、韓国語、英語での説明もあります。
                         http://shinro-miyagi.jimdo.com/

     [日時] 78日(日曜日)午後100から500(受付1230〜)
      [会場] 中央市民センター5階(仙台市宮城野区榴岡4-1-8TEL022-295-0403

     [交通] JR:仙台駅下車 駅東口徒歩5分/地下鉄:仙台駅下車 徒歩7分 /バス:仙台駅前下車徒歩38
      [対象] 小学生、中学生、親、教師、サポートする人、関心のある人
      [参加] 無料(要事前申し込み)
      [内容] 高校進学についての説明・先輩の体験談・相談タイム・親の体験談

      [通訳] 中国語、韓国語、英語、タガログ語
         (そのほかの言語も対応できる場合がありますので、申込用紙に書いてください。)

      [主催] 日本語を母語としない子どもと親のための進路ガイダンス実行委員会
      [後援]宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、(財)仙台国際交流協会、(公財)宮城県国際化協会
           宮城教育大学附属国際理解教育研究センター


      [問い合わせ・参加申し込み先]
     宮城県国際化協会(MIA)TEL:022-275-3796 FAX:022-272-5063 E-mail: mail@mia-miyagi.jp
     981-0914 仙台市青葉区堤通雨宮町4-17 宮城県仙台合同庁舎7

      ※申し込み書はFAXかE-mailでお送りください。


                      ↓チラシと申込書はこちら(PDF)
              



6月22日開催
 

                  第131回 国際理解教育研究センターセミナー(※)

      
    「オーストラリア留学の魅力 」開催



         今度、本校の姉妹校オーストラリアセントラルクイーンズランド大学講師の
        横山先生が来日されることを記念して、留学相談もできるセミナーを開催いたします。

        海外総合留学や長期留学などに興味のある方はぜひご参加ください。

                 講師: 横山 高広先生
           
(オーストラリアCQ大学講師)

                 [日時]6月22日(金)12:15〜12:45

            [場所]国際理解教育演習室(5号館3F)


                     ↓ポスターはこちら(PDF)
              
                                            ※今回より名称変更


 5月17日開催



            
「韓国語ネイティブサポート説明会」開催
         

           韓国のことについて韓国人と話してみたい方、韓国語をもっと練習したい方、
          ネイティブの韓国人留学
生と交流してみませんか。
          これから毎週木曜日に235教室で韓国語ネイティブ学習会を実施する予定です。

           説明会を開催しますので、気軽に参加してみてください。


                 [日時]5月17日(木)14:40〜15:40

            [場所]2号館リフレッシュスペース


                        ↓ポスターはこちら(PDF)
                


 5月11日開催
 

                          留学したいあなたのための
      
    「第1回 TOEFL対策講座 」開催


         留学を考えている皆さん、留学には、”TOEFL”のスコアが必須です。もう受けましたか?
        大学では、海外留学のサポートとして、TOEFLの対策講座の開催を検討しています。
        まずは、みなさんのニーズを知りたいので、留学に興味のある方はぜひご参加ください。

                [日時]5月11日(金)12:15〜12:30

           [場所]国際理解教育演習室(5号館3F)


                        ↓ポスターはこちら(PDF)
                



5月7日〜30日開催
 

     「絆 メッセージ・フロム・ザ・ワールド」展示会開催




          
 
     東北地方を中心に甚大な被害をもたらした東日本大震災。震災発生後、UNESCO(国際連合教育科
     学文化機関・本部:パリ)は被災地の子どもたちの心の癒しになることはできないか、と考えました。
     そこではじまったプロジェクトが「絆 メッセージ・フロム・ザ・ワールド」です。
  
      UNESCOは世界中の教育機関などを通じ、被災地の子どもたちに向けたメッセージを求めました。
     メッセージは民間ユネスコ運動発祥の地である仙台ユネスコ協会に届けられ、世界50ヶ国以上から
     3万通をゆうに超えました。メッセージの仕分けを主に担当したのが東北大学、宮城教育大学の学生に
     よって構成された仙台ユネスコ協会学生部でした。メッセージは仙台市青葉通地下道ギャラリー及び仙台
     ユネスコ協会での展示会を経て、2012年2月までに福島・宮城・岩手の被災学校に届けられました。
    
     今回は届けられたメッセージの一部を今一度展示という形で市民の皆様、学生の皆様と共有したいと
     考えています。皆さま是非足をお運びください。



               [期  間]  20125730
            [時 間] 月〜金  9:00〜22:00
                       土 ・日 10:00〜17:00

             [場  所]  宮城教育大学附属図書館展示ホール(入場無料
 

                        ↓ポスターはこちら(PDF)
                     


募集終了 


       メルボルン大学教育学部大学院と宮城教育大学、早稲田大学との共同プログラム


      「オーストラリア夏期研修」 派遣学生募集!


             

  昨年4月、豪州ギラード首相の提案により、東日本大震災に遭った被災地への教育的支援が約束されました。
   このオーストラリア政府の資金援助を活用して、宮城教育大学とメルボルン大学教育学部大学院との間で、
   夏期研修プログラムを実施することになりました。
   本学からメルボルン大学教育学部大学院に派遣する奨学生2名を募集しています。 

                                                                                                                              
     1.日時:平成24812日(日)〜26日(日)(2週間)

     2.場所:オーストラリア・ヴィクトリア州・メルボルン

     3.内容:豪州メルボルンにおける国際交流、学校訪問、教育体験、フィールドトリップ

      4.費用:渡航費・滞在費等無料(豪州首相日本対象教育支援プログラム奨学金による)

      5.募集人数:2名(宮城教育大学に在学する学部学生または大学院生)


・現地において英語をつかって十分なコミュニケーションする自信があること

・岩手県宮城県の津波浸水地域・福島県の出身者か、
あるいは当該地域への教育復興支援ボランティアに 積極的に参加していること

・豪州の大学からの派遣学生を、9月24()から28日(金)まで、ホスト役として積極的に受け入れられること

     【お申し込み方法】
      参加を希望する人は、留学生係(担当:藤原・菅浪)  ryugaku@adm.miyakyo-u.ac.jp  にメールを送り、
      資料(英文)と応募ファイルを入手し、
57日(月)までに応募ファイルを提出してください。
      書類で選考のあと面接を行い、最終参加者を決定します。







募集終了


      
 宮城教育大学とオーストラリアCQ大学共催
         「小学校英語教育研修」 参加者募集!

             


       宮城教育大学附属国際理解教育研究センターは、平成19年度から姉妹校のオーストラリア・
      セントラル・クイーンズランド大学(
CQ大学)と共催で「小学校英語教育研修」プログラムを実施して
      います。本年も、宮城県・仙台市等の教員を対象に参加者を募集します。当プログラムの参加者は、
      小学校英語や国際理解教育をリードするコアティーチャートとして活躍しています。
      
                     皆様のご応募お待ちしております!


        【期  間】  平成24年8月5日(日)から8月20日(月)約2週間 (予定)
      【場  所】  セントラル・クィーンズランド大学(CQ大学)
                (オーストラリア・クィーンズランド州 ロックハンプトン 
http://www.cqu.edu.au/

      【研修の内容及び目的】
      1.大学ランゲージセンターで学び英語でのコミュニケーションに自信をつける
      2.大学において外国語習得や外国語指導に関する基礎的な理論を学ぶ
        3.オーストラリアの学校を訪問し、現地の教育についての理解を深めるとともに体験的実習をする。
      4.ホームステイやフィールドトリップを通してオーストラリアの社会や文化に親しむ

      【滞  在】  オーストラリア人家庭へのホームステイ
      【費  用】  渡航費17万円程度(自費)・研修費17万円程度(大学補助)
      【対  象】  小学校で英語教育・国際理解教育に携わる教員の方
      【募集人数】 8名(希望者多数の場合は抽選になります)
      【随  行】  宮城教育大学附属国際理解教育研究センター教員
      【申込み】  応募ご希望の方は 5/31(木) までに「申込フォーム」をご記入のうえ、
               郵送にてセンターへお送りください。院生の方はご持参いただいても構いません。

            申込フォーム(PDF)が開けない方は、022-214-3382までお問い合わせください。


                ↓チラシ                 ↓申込フォーム

           


5月12日開催


          
「3.11から1年後の教育復興支援と
      国際連携をテーマとする2つのフォーラム」同時開催


        5月12日(土)に東日本大震災1年後をテーマとした2つのフォーラムを開催いたします。
          参加無料となっております。皆様是非ご参加ください。




 1.東日本大震災 『教育復興支援と地域の未来づくり』フォーラム 

     宮城教育大学のこれまでの教育復興支援の取組みや研究の成果を発表するとともに、
     東北と阪神淡路、そしてアジア太平洋地域を結び、防災教育や教育復興支援における連携を考えます。

       【日時】2012年5月12日(土)10:00〜13:30
       【会場】宮城教育大学2号館220番教室
       【会費】
参加無料
      
         主 催 : 宮城教育大学教育復興支援センター
         共 催 : 国際連合教育科学文化機関(UNESCO) 、 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU
         後 援 : 宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、ASPUnivNet、仙台広域圏ESDRCE運営委員会、
         独立行政法人国際協力機構 東北支部(JICA東北)、河北新報社
                                                  (予定)


 2.みんなひとつ アジア太平洋ユネスコスクール『連帯と防災』フォーラム 

     アジア太平洋地域は、幾多の自然災害をのりこえてきた地域です。アジア太平洋地域の
     ユネスコスクールから被災地へのメッセージを通じたつながりや、国を越えた防災教育の共有について考えます。

       【日時】2012年5月12日(土)13:30〜17:00
       【会場】宮城教育大学2号館220番教室
       【会費】
参加無料

         主 催 : 国際連合教育科学文化機関(UNESCO)、公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU
         共 催 : 宮城教育大学教育復興支援センター
         後 援 : 宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、ASPUnivNet、仙台広域圏ESD RCE運営委員会、
         
      独立行政法人 国際協力機構 東北支部(JICA 東北)、河北新報社
         協 力 : NPO法人日本エコツーリズムセンター、一般社団法人RQ災害教育センター 
                                                    (予定)

                     【お問い合わせ先】
              公益財団法人 ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)
                      担当:工藤  TEL 03-3269-4559



                        ↓詳細はこちら(PDF)

              




3月21日から募集中

             
「みんなひとつプロジェクト」
            
ユネスコスクール連帯と防災、参加募集中

アジア太平洋地域は2004年のスマトラ沖地震や2011年末のタイの洪水など、
自然とともに生きると同時に、自然災害をのりこえてきた地域です。

下記の国より、手紙、絵、ビデオレター、
各国の防災教育についての取り組みなどのメッセージをお届けします。

バングラデシュ、インドネシアラオス、マレーシアモンゴルネパール
パキスタンフィリピン韓国タイ、トンガウズベキスタン


      1.これらのメッセージを受け取っていただける学校を募集しています
                
         ・ 授業での活用
         ・ 国際理解の視点
         ・ メッセージを送った国とメッセージ送付国のことや自然災害、自分とのつながりを考える。
         ・ 環境・防災教育の視点
          (国を超えての防災教育を比較し、自分たちの防災や地域について考えてみる

2.ウェブサイト上でお返事を書いていただける学校を募集しています

              サイト:http://www.aspnet-japan-solidarity.asia/

              Englishhttp://www.aspnet-japan-solidarity.asia/en/

            ・ コメント欄より直接書き込んでいただくことが可能です。
            ・ E-messagesで返事をする。

           ・ メッセージ送付国・学校との国際交流
            (SkypeFacebookを利用して、国を越えて顔が見える交流の橋渡しをします。)

                      
                 
プロジェクトへの参加ご希望の方はACCUへお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

公益財団法人 ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)
教育協力課 みんなひとつプロジェクト
TEL 03-3269-4559

↓下記のホームページからもお問い合わせ頂けます。
http://www.aspnet-japan-solidarity.asia/contact/





ページトップ▲
お問い合わせ〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉149番地
国立大学法人 宮城教育大学 国際理解教育研究センター
センター長室/事務室 TEL/FAX:022-214-3382
E-Mail: RCIUE◇staff.miyakyo-u.ac.jp 
※◇を@にかえて送信してください。