国際理解教育研究センター

トップページ

   平成29年度 国際理解教育領域の活動

                                センター活動の一部をご紹介します。
日 程 活 動 内 容
   


6月26日

6月30日






6月26日から5日間、提携校であるハワイ大学マノア校より学生、教員合わせて20名が宮城教育大学を訪れました。5日間のプログラムでは附属幼小中学校、白石市立白川中学校、福岡小学校、蔵王高校を訪問し、第一グループ・第二グループに分かれて、授業見学をしたり、生徒や現職教員らと学校のことや教育のことについてディスカッションしたりしました。また、東日本大震災で被災した仙台市若林区の「荒浜小学校」を訪れ、当時の様子を見学して来ました。

 
 




5月13日

6月3日









宮教大サマープログラムにてカナダのマニトバ大学より、7名の学生が5月15日~6月3日の三週間滞在しました。3名は2年間、4名は1年間、日本語を学んでます。今回の来日目的は、①勉強してる日本語をブラッシュアップさせる事、②興味がある日本文化を実際に体験してみる事です。青葉城址を訪れた際には、皆、興味深く「絵馬」を見たり、参拝の仕方を学んでました。また、長町小学校を訪問し、国の紹介や、子供達と国際交流活動を通じて「エイサー」を教えてもらい、一緒に踊った事は一生の思い出になった事でしょう。週末には、宮教大のボランティア学生のサポートにより、青葉まつりで「すずめ踊り」へ参加し、また被災地・気仙沼ではホームステイを体験し、国際交流を通じて様々な多文化への理解を深める事が出来たことでしょう。皆様のご協力に感謝致します。

 5月10日


留学生9名(中国・韓国・台湾・スウェーデン・ロシア)附属特別支援学校・高等部を訪問しました。三グループに分かれて、それぞれの国の説明、挨拶など緊張気味の高校生も見受けられましたが、最後には名残惜しいくらい盛り上がったグループもありました。また6月に再訪問する予定です。


  
 

 

ページトップ▲
お問い合わせ〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉149番地
国立大学法人 宮城教育大学 教員キャリア研究機構 国際理解教育領域
センター長室/事務室 TEL/FAX:022-214-3382
E-Mail: rciue◇adm.miyakyo-u.ac.jp 
※◇を@にかえて送信してください。