国際理解教育研究センター国際理解教育研究センター


情報コーナー

  特徴 講師 謝金 問い合わせ先 その他
公益財団法人
仙台観光国際協会
SenTIA
A.国際交流プログラム
外国の暮らしや人々の様子、文化などについて話をきいたり、交流します。
留学生及び、
在住外国人
3,500円以上 公益財団法人
仙台観光国際協会

TEL:022-268-6250
FAX:022-268-6252
  
ABCのプログラムを仙台国際センターの見学と併せて行う「D国際センタープログラム」有
B.国際協力プログラム
地域の市民団体が行う国際協力活動について学びます。 
国際協力団体 8,000円以上
C.開発教育プログラム
世界共通の課題について学ぶ参加型学習(ワークショップ)教材の貸出しをします。 
認定NPO法人IVYへ
ファシリテーターの
依頼可
交通費・謝金
(応相談)
独立行政法人国際協力機構
J I C A 東北

【画像】JICAロゴマーク
国際協力経験者が、自らの経験と思いを語る出前
プログラムです。
(例)
・任地での経験談
・JICAや日本の国際協力
・開発途上国の現状
青年海外協力隊、専門家など、国際協力に携わった経験のある方々  講師の謝金・交通費につきましては原則としてお申し込み団体のご負担になります。   JICA東北
(出前講座担当者)

TEL:022-223-5151
FAX:022-227-3090
 
 

公益財団法人
宮城県国際化協会
M I A

地域における国際理解教育の推進を目的として、宮城県在住の外国人講師を学校や公民館などに派遣しています。 県内在住の外国人登録講師。アジア、ヨーロッパ、ラテンアメリカ諸国、アフリカなど、40ヵ国約100以上 3名派遣」を基本とし、負担金として当協会あて15,000円お支払いいただきます(各人への謝金等不要)

公益財団法人
宮城県国際化協会


TEL022-275-3796
FAX022-272-5063
E-mail

mia@k2.dion.ne.jp

4名以上の派遣は、講師謝金・交通費の実費をご負担いただければ最大10名までの対応可能です。
国立大学法人 宮城教育大学


宮城教育大学の留学生を中心とする外国人が学校や施設を訪問します。
(例)
・世界の言葉や文化を知る
・外国人に日本を紹介する
・地球的課題について議論する
宮城教育大学の留学生・その他外国人学生・教員など 講師の謝金・交通費につきましては原則としてお申し込み団体のご負担になります。    宮城教育大学附属
国際理解教育研究
センター

TEL:022-214-3382
FAX:022-214-3382
  
派遣先は、
大学と提携している学校・施設に限っています。 
その他の団体          
ページトップ▲
お問い合わせ〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉149番地
国立大学法人 宮城教育大学 国際理解教育研究センター
センター長室/事務室 TEL/FAX:022-214-3382
E-Mail: rciue◇adm.miyakyo-u.ac.jp 
※◇を@にかえて送信してください。