国際理解教育研究センター


宮城国際理解教育推進連絡会議とは

        ≪ 規 約 ≫ 



1.宮城国際理解教育推進連絡会議 設置要綱


宮城国際理解教育推進連絡会議 設置要綱

(名称)

1条 この会の名称を宮城国際理解教育推進連絡会議(以下「推進連絡会議」という)とする。

(目的)

第2条 推進連絡会議 は、国際理解教育のリソース(素材)を提供したり国際理解教育を実施したりしている機関や組織、および、国際理解教育に関心を持つ機関や組織が、おもに学校現場における国際理解教育の推進を目指し、情報交換と連携、実践活動の改善や発展を図ることを目的として設置するものである。

2 ここの「国際理解教育」は、多文化共生教育や、異文化理解、開発教育、環境教育、外国語教育、人権教育、平和教育などの、国際理解を深めるすべての教育領域を含む。

(活動内容)

第3条 推進連絡会議は、前条の目的を達成するため、次に示す活動を実施・開催する。

(1)各会員間で、日常的に情報交換を図り、お互いの活動を促進する。

(2)各会員または会員の連携により、実践を発表する会や、講演、指導支援の場などを企画、教育内容や手法の開発を目指す。

(3)必要に応じて、その他の機関・組織とも連携を図り、第2条の目的達成に向けて情報交換を行う。

(役員)

第4条       推進連絡会議には役員として、会長1名、副会長1名を置く。

2 会長は、会務を総括し、推進連絡会議を代表する。副会長は、会長を補佐し、必要な場合は会長の職務を代行する。役員は、推進連絡協議会の会員の互選により選任する。

(会員)

第5条 推進連絡会議の会員は、推進連絡会議の目的に賛同して入会した機関や組織とする。

2 任期は2年とするが、再任は妨げない。

(会議)

第6条 推進連絡会議の会議は、会長が招集し、会議の議長は持ち回りとする。

2 会議は、年に2回を目処として開催する。

(庶務)

第7条 推進連絡会議の庶務は、会員が持ち回りで担当する。

附則

(施行期日)

この要綱は、平成20年  月  日から施行する。

参考:現時点での参加団体

・国際協力機構東北支部(JICA東北)
・国際ボランティアセンター山形(IVY)
・仙台国際交流協会(SIRA)
・みやぎ開発教育研究会(みやぎDEネット)
・宮城県国際交流協会(MIA)*オブザーバー参加
・宮城県国際理解教育研究会(宮国理研)
・宮城県高等学校国際教育研究会(宮高国教)
・宮城教育大学国際理解教育研究センター



≪ 参加団体リスト ≫



団体名

設立目的

教員組織

宮城県国際理解教育研究会

海外・帰国子女教育の普及と振興ならびに国際理解教育・外国人子女教育の充実・発展に寄与すること。

〔教員組織〕

宮城県高等学校国際教育研究会

(高国教研)

国際理解と国際協力の精神を涵養し、国際社会の中で積極的に行動できる有為育成をめざす国際教育の研究と推進を図ること。

政府関係組織

独立行政法人国際協力機構東北支部
JICA東北)

開発途上地域等の経済及び社会の発展に寄与し、国際協力の促進に資することを目的とする。

地域国際交流協会

財団法人宮城県国際交流協会(MIA

県民の豊かな国際感覚を育み、国際交流に関する幅広い活動を促進するため、市町村及び各種国際交流団体の連絡調整や情報交換の活発化を促進し、かつ広範な情報の収集及び情報提供ならびに援助等を行う。

地域国際交流協会

財団法人仙台国際交流協会 
  
SIRA

仙台市において、歴史、文化、その他の地域的特性を生かした国際交流活動を推進することにより、地域の国際文化に寄与すると共に、市民レベルの国際相互理解の増進と国際友好親善の促進を図ること。

自主団体

みやぎ開発教育ネットワーク

20038月に仙台で行われた国際理解・開発教育指導者セミナー(JICA東北支部主催)をきっかけに,国際理解教育や開発教育に関心を持つ人,実践している人,研究している人たちが集まって発足。みやぎの地域に開発教育・国際理解教育を広げることをめざし、開発教育・国際理解教育の理論研究と実践研究及び担い手育成と支援のあり方について学び合うことを目的とする。

NGO

特定非営利活動法人国際ボランティア
センター山形(
IVY

山形県発で地球の問題、地域の課題に取り組もうと91年に設立。活動目的は山形県内で定住を目指す外国人等への生活支援。またアジア地域諸国等で困難な状況にある人々への自立に向けた協力を行うとともに、より多くの人々に多文化理解の機会を提供し、地球市民としての自覚を共有できること。



ページトップ▲
お問い合わせ〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉149番地
国立大学法人 宮城教育大学 国際理解教育研究センター
センター長室/事務室 TEL/FAX:022-214-3382
E-Mail: rciue◇adm.staff.miyakyo-u.ac.jp 
※◇を@にかえて送信してください。